貸事務所で安く事務所を利用しよう|ビジネス大成功

事務所

中規模の賃貸事務所とは

今後は港区内では大企業以外にも弁護士事務所などの進出も進むので、中規模の賃貸オフィスへの需要が増えるでしょう。割安に入居するためには、地域と築年数にこだわらずに物件を探して、交渉をしてから契約を結ぶべきです。

起業時のオフィスの探し方

2人の男の人

ネットだけでなく足で探す

東京で貸事務所を探す場合、エリアによってかなりの費用の差が出ます。起業する場合はなるべく初期投資額を抑えた方がいいので、数多くの物件を当たって探すことが必要です。東京の特徴は山手線の中と外では賃貸料金が違うという点です。賃料を抑えるためには山手線の外側のエリアに絞って探します。インターネットの不動産情報サイトを利用するとたくさんの貸事務所を検索できますが、古い情報も多いのです。探し方の工夫としては東京都内のエリアを決めたら、複数の情報サイトを駆使して徹底的に検索します。そのうちに古い情報と新しい情報が判別できるようになります。新しい情報の内で気に入った物件があったら、仲介する業者にコンタクトを取ると同時に自分の足で現地を見ることが大事です。気に入った物件を早く見つけて抑えることができます。

広さは1人3坪が基準です

これから起業して貸事務所を確保する場合の注意点として、賃料を抑えることです。そのためには必要以上に広い物件を契約しないことです。起業時にはスタッフも少ないので、身の丈のあった物件を探すようにします。東京には大小色々な物件が豊富にありますから、じっくりと探します。広さの基準としては、1人3坪が適切だといわれています。スタッフが5人いるのなら15坪の広さがあれば足りるということです。貸事務所を探す時はこの広さを基準にして探せば、適切な賃料の物件を見つけることができます。また家賃の額の決め方ですが、一般的に売上高の10パーセントが適当といわれています。月に300万円の売上げがあるのなら、30万円までの家賃を支払えるということです。

会議

会議を行う場所なら

会議に必要なスペースを借りられる貸し会議室について触れています。コストにおいてメリットがある他、設備においても多様化が進んでいて使いやすくなっています。人数、エリアなどで探せるので目的に合わせて利用がしやすいです。

ミーティング

都心だからこそ便利

渋谷にはたくさんの賃貸オフィスがあります。立地条件が良いところばかりなので、仕事もやりやすいはずです。地域に密着した渋谷の不動産会社で探していきます。不動産会社によっては間取りが同じでも賃料が違う場合があるので、比較検討することが大切です。