貸事務所で安く事務所を利用しよう|ビジネス大成功

中規模の賃貸事務所とは

事務所

今後のオフィス需要の傾向

弁護士事務所や中小企業やクリニックの入居に適しているのが、30坪から100坪の賃貸オフィスです。港区内には大企業の本社が集中する一方で、関連する企業や事業所の移転も進むでしょう。そのために大規模なオフィスビルの建設と同時に、手ごろなサイズの賃貸オフィスの物件数の確保が大きなテーマです。特に企業と顧問契約を結ぶ弁護士や公認会計士向けに、地元の不動産会社も港区内で中規模のオフィスビルを積極的に建設するでしょう。一方で1980年代以前に建設されたビルのリニューアルが、今後のオフィス需要に対応するためには必要です。リニューアルは建て替えよりも費用が割安であり、数か月の工事で入居者を募集できるのが魅力的です。

お得に入居する方法

人気エリアが港区内には多いために、坪当たりの賃料が2万円以上の賃貸オフィスが中心です。しかしアクセスが便利で高級なイメージの土地柄でもあるので、港区内の賃貸オフィスへの需要は根強いです。リーズナブルな賃料の物件を選ぶためのコツは、地域と築年数にこだわらないことです。エリア別の家賃の相場を丹念に調べることで、港区の中でも特に家賃が割安な物件を見つけることも可能です。その中には坪当たりの家賃が1万円前後の格安な物件もあるので、地元の中小企業やベンチャー企業の入居にも最適です。空室率が3割を超える物件は賃料交渉が行いやすいので、希望通りの条件で入居できるでしょう。そのために不動産会社と協力しながら物件探しを継続して、より良い条件で入居を実現した企業も多いです。